ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Hand in Hand 〜つなぐ想い | main |
2020.01.02 Thursday

「 謹賀新年 」

 昨年は大変お世話になりなした。今年も宜しくお願いします。
 昨年は、想定外の災害が多く、甚大な被害が出ました。今年は災害の少ない一年で有ります様
切に願います。

<再生医療について>
 京都大学の山中教授により提唱されたips細胞が医療に応用されているが、主に他人の細胞が
使われている。
 事前に移植できる細胞が有れば、培養期間が無く、迅速にかつ安全に使える為である。
ただ免疫学的に相性が有るため、多くの種類の細胞をストックする必要がある。
 
 歯科の場合も、歯髄の中の幹細胞が再生医療に有効に働くこと解ってきた。
動物実験であるが、欠損した象牙質や損傷した神経の修復や再生も可能であった。
 特に、乳歯の歯髄幹細胞は、永久歯より増殖能が高く、冷凍保存も可能な為最適な細胞と言える。
ただし、細胞の移植方法や臨床応用の高額な治療費が問題である。
いち早い導入を切に期待したい。

今年が、素晴らしい一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。
コメント
コメントする