ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 代行業務は如何でしょう? | main | あなたの唇は固くないですか? >>
2017.06.19 Monday

「 父の日 」


皆さんこんにちは。昨日は父の日でしたね。
思い起こせば小学校低学年の秋、長崎県諫早市は西海橋でのことを今でも鮮明に覚えています。
西海橋は潮の流れが速く渦潮で有名です。
未明から出かけ、良い釣り場のポイントを確保し、狭い岩場の上で竿を垂れていました。
父が餌を付け替えて海面を振り返えろうとしたとき、何かの弾みで体が私に当たり、不意を突かれた私は海に落ちました。
海面は渦が巻いており、私の体はすぐさま岩場から離されました。
幸い渦の外側だった為そのまま回転して岸近くに自力で辿り着くことが出来ました。
当時はただただ運が良かったと思うだけで、父を悪く思うことは有りませんでした。
後で聞くところによれば、父はおろおろするばかりで、飛び込んで助けることが出来なかったそうです。
今思えば、あの渦を見たら親になった私もすぐさま飛び込む勇気は無かったかも知れません。

物騒な世の中、もし、自分がその場に居合わせたら、行動に移す勇気がどれほど有るのか、まったく予想出来ません。まさかの時を想定して居ても、その瞬間は体が動かないかも知れません。出来ればその場に遭遇しないのが一番なのですが、、。

貴方の鮮明な思い出は何ですか?
ではまた。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック