ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.01.07 Sunday

「 謹賀新年 」


 今年も宜しくお願いします。
 昨年は、スタッフの希望も有り27日に仕事納めをしましたので、その分急患対応に努めました。
 28日は2人電話対応、29日は1人、30日は3人、31日は1人、明けて1月2日は1人の
 計6人対応しました。
 30日、50代の男性の対応をしたら、その話を聞いて約30分後に80代のお母様が来院されました。
 二人とも銀歯が取れたのが主訴だったので思わず笑ってしまいました。
 帰り際、
 ”BGMのピアノ音楽が素敵でした”
 と言って原付で颯爽と帰って行かれました。とてもお洒落で品の良い方でした。

 いずれの患者さんも感謝して帰られたので、対応出来て良かったなと思いました。

 年末年始やゴールデンウイーク、お盆休みなど長期休みになると不思議と痛み出すのは何故でしょうね。
 私の娘も小さい頃よく熱をだして、急患で診てもらいました。不安な時の温かい対応は本当に感謝、感謝
 です。

 今後も、節目節目の祭日などには急患対応したいと思います。
2017.12.03 Sunday

「 相撲協会関連事件 」

こんにちは。相撲協会は未だに暴行事件で揺れていますね。
一夜の酒の席の出来事に収まらず、相撲協会全体の有り方を問う問題にまで派生しています。
一つの事件は、それまでの様々な経緯が複雑に絡み合って、許容量を超えた時に起きる様でね。
診断書記入内容の是非まで問われる事態になり、関わった医師は誠にお気の毒でなりません。
私も診断書を書きますが、何々の疑いと書くことも有ります。
治療前で確定診断を下すことは不可能だからです。
あらゆる可能性を考え治療していく中で、疑いが無くなれば、それに越したことは有りません。
それほど、生体は複雑です。

日馬富士は、品行方正で素晴らしい横綱だと今でも思っています。
今回の件で、腐敗した相撲界に敢えてメスを入れた思います。

歴史を変えるためには、犠牲が必要です。
この勇気ある行動が、今後の相撲界の発展に繫がればと切に願います。
2017.11.26 Sunday

「 ある事件について 」


こんにちは。毎日様々な出来事が起きていますね。
良いことと悪いことは半々に起きていると思いますが、新聞やテレビの報道は、残念ながらほとんどが悪いことばかりです。

最近気になったのは、神奈川県座間市の事件です。
自殺願望者を狙った新しい手口の連続殺人事件です。
約2か月で9人と言うことは、1週間に1人のハイペースです。
犯人は、逮捕された日に10人目の女性と会う予定だったそうです。
もし特定が遅れていたら、いったい何人の犠牲者が出たのでしょう、、、。

私にも二十歳の娘が居ますので心配です。本人に聞いたところ、もし、死にたいぐらいに追い込まれたら、
誘いに乗るかもしれないと言っていました。恐ろしいですね。

部屋の前を通るだけで、異臭がしたそうですが、そんなところで寝泊りする犯人の心理は全く理解できません。
おそらく、何らかの原因で正常な判断が出来ない重度の精神的障害に侵された為だと思います。
または、生まれつき病的なDNAを持つ気質なのかも知れません。

何れにせよ、この瞬間にも何処かで次の事件が起きていることは、否定できません。
このままでは暗い世の中になってしまいます。
ですから尚更、良いことの報道も沢山して頂いて、少しでも心を癒やす時間が有ればと思います。

貴方は、どう思いますか? ではまた。
2017.09.28 Thursday

「 脳内物質NGF 」

 
こんにちは。熊本は吹く風も爽やかな秋らしい季節となりました。ただし、紫外線はまだまだ強そうですからご注意ください。
 さて、貴方はこんな経験無いですか?

    顔は解るけど何故か名前が出ない。
    人から聞いても直ぐ忘れる。

 これについては、専門の先生のコメントが有ります。
これは、脳内の神経細胞同士のネットワークが切れた為に起こります。
専門用語では、脱落と言います。
これを修復する脳内物質が有りますが、少ないと更に物忘れが進みます。
しかし、これを増やすことが出来たら、ネットワークが繋がり物忘れが改善できます。
では、その方法は、、、。

 乾燥したタオルを手のひらよりやや大きいぐらいに畳んで、それを両手で軽く擦るだけです。
1日約10分続けるだけで、効果が出ます。早ければ1週間以内に。
 ただし、この約10分間はテレビなどを見てないときついかも知れませんね。
 実例では、これを実践することにより、被験者のその量は術前の約4倍に増え、物忘れが減りました。
私も多少はその傾向が有りますので、早速実行したいと思います(笑)。

 貴方は大丈夫ですか?
 ではまた。
2017.08.06 Sunday

「 あなたの唇は固くないですか? 」


以前から、唇の固い患者さんが多くなったなと感じるようになりました。
力を抜いて楽にして貰っているのに、引っ張っても伸びません。
ストレスで唇周りの筋肉が固まったことが原因の一つと考えられます。
この場合、奥歯のブラッシングや歯科治療に支障出ます。
お口開き難くなったり、長く開けて居られなかったり、食事で顎が疲れ易くなったり、症状は様々です。
べろがヒリヒリしたり、口内炎が出来易かったり、顎関節症や頭痛肩こり、腰痛など全身に派生することも有ります。
解決策として、
1.左右の人指し指を両口角に入れ、横に引く様に引き伸ばし運動を反復する。
2.無意識の噛み締め、食い縛りに注意する。
3.奥歯が咬まない程度に少し前咬みポジションの癖をつける。
などが有ります。
今の世の中はストレス社会ですから、ある程度仕方ないかもしれませんが、必ず効果が有ると思いますよ。

ところで、台風5号が南九州付近を通過中ですが、最小限の被害で済みますよう心より願います。